FC2ブログ

フェデラーのFハンドアプローチショット

たまには技術解説!Rフェデラーの動画をご覧ください。
注目点はフェデラーがサービスで相手をワイドに追い出した後に、回り込んで打っているFハンドのアプローチショットです。

動きながら止まって打っている!?

このメカニズムを私なりに解説しますと・・・

ここがPoint
↓↓↓

打点に入った時の前足のつま先の向きは、打球方向に対して横向き約90度となっています。
その後、ラケットを動かす右手の動きに合わせるように後ろ足が後方に動いています。つまり上半身と下半身が反対方向に動いているわけです。(作用反作用)
これにより、前足が固定した軸足になることで体軸が前に突っ込まなくなるわけです。

もし前足つま先をネット方向に向けてしまうと・・・

前足は軸足として固定できなくなり、上半身が突っ込みミスが多くなってしまいます。


レッスンではいつも、オープンスタンスの時の右足を軸足にして動かないようにスゥイングしましょうと言っていますね。
この場合は前足が軸足として固定しているわけです。

ただし、打球後は前足を軽く浮かすことでつま先の向きが打球方向に向き、ネットプレイへの動きをスムーズにしています。

これができればあなたもフェデラーのようなプレーが可能!かも
分かりにくかったらゴメンナサイ><
スクールで直接聞いてください^^;



右サイドに「何でも投票ランキング」貼ってみました。
第1回は「好きな男子プレイヤーは誰?」です。
みなさん投票してください♪

関連記事

Comment

  • 2012/11/27 (Tue) 10:58
    サマーインサマー #- - URL
    すばらしい解説

    先に解説を読んでから映像を見ましたが、よく分かりましたよ。

    体の軸については、コーチからよく言われますよね。
    頭では分かっても、なかなか身体がいうことを聞いてくれません・・・。

    亀の歩みかもしれないけれど、諦めずに頑張ります。

    技術解説、是非定期的にお願いします!!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する