FC2ブログ

寒い朝はストレッチがおススメ!


今週(11月7日~)は9週目のレッスンです。
引き続きガット張りセールを行っています。
半年以上経過して切れていない方は張り替えましょう!
ガットを張り替えるだけでボールの弾きが明らかによ良くりますよ!



冬は寒くてなかなか起きれない!

寒いために布団からなかなか出られないということをよく聞きますがどうしてでしょうね。

ちょっと調べてみたところ・・・

朝の太陽の光は目覚めを促すのに不可欠ですが、冬は日の出時間が遅く日照時間も短いため、その恩恵を受けにくくなり、さらに気温も低いため、朝になっても体温がうまく上がらず、起きづらくなってしまうそうです。

そんな方は朝起きたらちょっとしたストレッチを
効果的に身体を目覚めさせるためのストレッチを行うと筋肉からの神経刺激が、脳の活動を活性化してくれるそうですよ。
①上体反らしストレッチ
05.png
・うつ伏せになり、両手のひらを肩の前に置く。
・腕を伸ばして上体を持ち上げ、お腹から胸にかけて伸ばす。同時に、大きく息を吐く。
・3回ほど繰り返す。

②ブラブラ体操
061.png
・ベッドで横になったまま、手足を上げてブラブラさせる。
・身体が目覚めはじめたら、座った姿勢に変え、深呼吸しながら背中や肩など大きな筋肉のストレッチを行う。

明日からやってみましょう~

ガット豆知識

今週は10週目ですが残念ながら雨ばかり・・・

ガット張りセール中ですがいつもより本数が少なめ・・・

そこでガット張りの豆知識を掲載します。

images_20150408205504b1a.jpg


そもそもなぜガットと呼ぶのでしょう。

テニスやバドミントンに張ってある糸のことを「ガット」と呼ぶ場合が多いですが正しくは「ストリング」といいます。

ストリング(string)とは「紐」「糸」という意味で、

ガット(gut)は「腸」という意味になります。

化学合成物質から作られたものをシンセティック(合成)ストリング、牛や羊の腸から作ったストリングをナチュラルストリング(ガット)と呼びます。
ダウンロード

昔は羊の腸からナチュラルストリング(シープ)を作っていましたが、今では安定供給可能な牛の腸から作られています。

本来「ガット」とはこの「ナチュラルストリング」を指しますが、「ガット」という呼び名が定着してますので、シンセティックを含めすべて「ガット」と呼んでいます。

ちなみに海外ではガットではなくストリングと呼ぶのが普通だそうですよ。

キャップの効果


今週は7週目です。
来期のご予約を受付中です。

暑い日が続きますが、レッスン中は熱中症にご注意ください。
水分補給はこまめに行い、できるだけ帽子の着用をオススメします。

PH562.jpg

おもいっきりTVで放送した熱中症対策のデータを見つけました。

炎天下で帽子をかぶった場合と、そうでない場合の違いについて、いろいろな実験をしてくれています。

★帽子をかぶった時とかぶらない時の頭の温度を比較(条件:気温33℃、湿度67%、15分間座る)
・帽子なし → 47.2℃
・帽子あり → 40.4℃
なんと、7℃も違うんですね。
帽子をかぶらないと、疲労困憊し熱中症になったり、脳の機能が低下する危険があるそうです。

★帽子の素材はどんなものがいいか?
・ナイロン 温度35.9℃、湿度44.1%
・綿    温度37.4℃、湿度43.1%
・麦わら  温度35.2℃、湿度42.5%

★つばの広さによってどう違い?
・つばが狭い 温度35.2℃
・つばが前にある 温度34.4℃
・つばが広い 温度32.4℃

各自で熱中症対策をお願いします!




ガットの基礎知識/素材・構造編

明日からガット張りセールが始まりますが、皆さんはガットのことをどのくらいご存知でしょうか。

まずは素材の違いについて説明します。

「素材の違いによるガットの種類」
ガット=正確にはストリングと言われています。
ストリングには素材により3つの種類があります。
ナチュラルストリングポリエステルストリングナイロンストリングです。

1)ナチュラルストリング
殆どが牛の腸で作られている天然素材のストリングです。ホールド感、打球感は非常に優れています。初心者からプロプレイヤーまで、どなたにもお薦めできます。しかし、天然素材で作られているため、他のストリングよりも値段が高くなっています。

2)ポリエステルストリング
ストリングが固めで反発力があまりないためボールの飛びは比較的抑え気味になります。耐久性を重視しているので切れにくくスピンをかけるプレイヤーやハードヒットプレイヤーに向いているストリングです。

3)ナイロンストリング
比較的柔らかいストリングであるので高反発でボールの飛びが優れています。スクール生のほとんどの方が張っているガットです。

次にガットの構造について説明します。

「構造の違いによるストリングの種類」

ナイロンガットにはマルチストリングモノストリングに分けられます。

1)マルチストリング
人工的な素材でナチュラルストリングに近づけたストリングです。細い糸を何本も束ねた構成のストリングです。
mul1.jpg

●特徴
振動吸収が良くホールド感が高いがやや耐久性が悪いです。
パワー系ラケット(厚ラケ)を使用している方やタッチショットが得意な方に向いています。


2)モノストリング
太い一本芯に細い糸を巻きつけて構成されています。打球感は比較的硬めですが反発性と耐久性に優れたストリングです。
mono5.jpg

●特徴
高反発で耐久性が高いですが、やや打球感が硬いようです。ハードヒッターに向いています。

「ストリングの張りの強弱による違い」

ストリングを張るときの強さを示す値を「ポンド」といい、「張り」を総して「テンション」と呼んでいます。張りの強弱は、強めに張る場合を「高い」と表現し、弱めに張ることを「低い」と表現します。
低いテンションで張った場合と高いテンションで張った場合の特徴をそれぞれ言及します。

■低いテンション
ボールの飛びが良くなるので非力な方やネットプレーヤーにお薦めです。

■高いテンション
ボールの飛びを抑えることができます。積極的にボールを打つストローカーにお薦めです。

スクール生の方は、ラケットによる違いもありますが、50ポンドを目安に±3~5ポンドを目安に張り上げると良いと思います。いつも習っているコーチに聞くのが無難ですね

Template Designed by DW99