FC2ブログ

マレーが貴族に!?

世界ランク3位のアンディ・マリーが英国王室から年始の顕彰で大英帝国勲功章(OBE)を受章しました


マリーのコメント
「爵位を受けた中には、必ずしも脚光を浴びていないとしても、世界選手権で10回優勝したり、五輪でメダルを4─5個獲得したり、10─15年と長く活躍している人たちがいる。いつか爵位を授かるためには、もっと試合に勝ち、大会を制覇していく必要があることは間違いない」と爵位を授かるためには長期にわたって数多くの実績を挙げる必要があると述べています。


大英帝国勲功章(OBE)ってどのくらいスゴイんだろうか???

大英帝国勲章(The Most Excellent Order of the British Empire)は1917年にイギリス国王ジョージ5世によって創設されました。それまでの勲章は、政治家、軍人、役人などが主な対象で、通常の市民に与えられることはほとんどありませんでした。
そこで、新たに経済人、文化人、芸能人、スポーツ選手や社会奉仕活動等を対象にした大英帝国勲章が新たに創設されたそうです。

一般に「大英帝国勲章」と呼ばれる勲章には下記の5つのランクがあります。

1.ナイト・グランドクロス(大十字騎士 GBE)  ←「サー」を付けて呼ぶ
2.ナイト・コマンダー(司令官騎士 KBE/DBE)  ←「サー」を付けて呼ぶ。ビル・ゲイツやカルロス・ゴーン
3.コマンダー(司令官 CBE)  ←ここから下は本来「サー」は付けない。エルトン・ジョン
4.オフィサー(将校 OBE)   ←マレーはここ ベッカム
5.メンバー(団員 MBE) ジョン・レノン


マレーが受賞したのは4番目の「Officer of the Order of the British Empire」というものです。従って「サー」という呼称は正式には付けないことになるみたいです。
ただ、最近はアバウトになっているみたいでランク3位以下でも「サー」の称号をつけることがあるみたいですね。
ということでマレーも「Sir Andy Murray」










マレー表彰

世界ランキング3位のA・マレー(英国)が、ローンテニス記者協会による「ブリティッシュ・テニスアワード」を受賞。さらに、BBCスコットランドの「スポーツネーション・スポーツパーソン」でスポーツ専門家による投票でも栄誉賞を受賞しました。

マレーは「スコットランドのスポーツ界にとって素晴らしい年となり、私のキャリアの中でも最高の年になった。たくさんの投票をしてくれてありがとう。非常に誇りに思う。」と、コメント。

今年のマレーは全米でグランドスラム初優勝!さらにオリンピックでは金メダルでした。
今季の成績は56勝16敗。

20121206_250_380_02.jpg

マレー初優勝!

全米オープンはの男子シングルス決勝戦が行われ、第3シードのA・マレー(英国)が前年度チャンピオンである第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を7-6 (12-10), 7-5, 2-6, 3-6, 6-2という4時間54分の死闘を制し、悲願のグランドスラム初制覇を達成しました。
これでマレーはナダルを抜いて世界ランキング3位になりました。

151733732_0911.jpg

2012年のグランドスラム大会全てが終了し、全豪オープン:ジョコビッチ全仏オープン:R・ナダルウィンブルドン:R・フェデラー、そしてこの全米オープン:マレーと、全て違う選手のチャンピオンとなり、現在の男子テニス界のトップ4と言われる4選手の優勝で幕を閉じました。
我れらが錦織も2つ順位を上げて16位です!


男子結果
優勝 マレー 準優勝 ジョコビッチ BEST4 ベルディヒ フェレール

予想ゲームの結果が楽しみですね。スクール掲示板でご確認ください。
いよいよ次回がラストです。女子の東レと男子ジャパンOPを同時に応募してください。







Template Designed by DW99