FC2ブログ

2012世界最強リターナー

前回までサービスに注目してきましたが、今回はリターンです。
リターンが一番うまい選手は誰なんだろう???
リターンがうまいということは・・・
相手のサービスゲームをブレイク出来る!
ということで調べてきました。


     リターンゲーム奪取率 TOP5
1 ナダル      38%   48試合
2 ジョコビッチ   35%   87試合

3 モナコ      31%   51試合
4 フェレール    31%  85試合
5 錦織圭     31%   52試合


    ブレイクポイント奪取率TOP5
1 ナダル       49%   48試合
2 ジョコビッチ    46%   87試合

3 Fognini       45%   45試合
4 ダビデンコ     45%   47試合
5 セッピ        44%   61試合

両データともナダルが1位ですが怪我により試合数が少ないのが気になります。試合数が多いほど勝ち上がり強者と対戦しているわけなので。
もうちょっと調べたところこんなデータがありました。


相手の2ndサービスからのポイント奪取率TOP5
1 マレー       56%   72試合
2 ジョコビッチ   56%   87試合

3 ナダル      55%   48試合
4 フェレール     54%   85試合
5 ヨージ       54%   54試合

このデータから相手の2ndサービス時にどれだけ攻撃的なリターンを返し攻略できたかということが分かります。
この3つのデータからどうやら最強リターナーはジョコビッチと言えるでしょうか。

m_djokovic_2012_20121229214601.jpg



2012世界最強サーバーはこの人!

前回はサービススピード世界一の記事を載せましたが、世界最強サーバーはどの選手なのでしょう???
サービスはスピードだけでなく球種・コースをうまく使うことでリターンを困難にさせます。そしてテニスはサービスゲームをキープできれば負けません。
ということはサービスゲームキープ率が高い選手が最強サーバーなのではないでしょうか。

サービスゲームキープ率TOP5
1 ラオニッチ    93% 62試合
2 アイズナー     92% 60試合
3 フェデラー    91% 80試合
4 ナダル      88% 48試合
5 デルポトロ    87% 79試合

ブレイクポイントセーブ率TOP5
1 ラオニッチ    74% 62試合
2 アイズナー    74% 60試合
3 ベルディヒ    71% 77試合
4 ナダル     71% 48試合
5 ロペス     70% 53試合

m_raonic_2011.jpg
ミロ・ラオニチ(カナダ)
12月24日現在
ATPランキング 13位(2380p)
■身長 196 cm
■体重 90 kg

やっぱりこの人もデカイですね。。。





2012楽天オープンでの錦織選手との試合です。


世界最速サーバーはこの人だ!

昨日の記事「世界最速サーバーはこの人!」でカルロビッチを紹介しましたが、私の勉強不足でした。
ATPランク340位(当時。現在は317位)のサミュエル・グロス(オーストラリア)が2012年5月に韓国で行われたチャレンジャー大会で時速263キロのサービスを記録していました(同じ試合の中で253.5キロおよび255.7キロのサーブも打ち込んでいたもようです)
ただ、ATPとしてはチャレンジャー大会といこともありスピードガンの正確性を完全には保証していないみたいですね。

ただ来年ちょっとだけ注目ですね
EFEE9EF70628414193C8CA78F4B0B648.jpeg c507e596.jpg


男子サービススピードTOP5

1 サミュエル·グロート 毎時163.4マイル(263のkm / h) 2012年釜山オープンチャレンジャーテニス[3] [4]
2 イヴォ·カルロビッチ 毎時156マイル(251のkm / h) 2011デビスカップ[5]
3 ミロスRaonic 毎時155.3マイル(250のkm / h) 2012ロジャーズカップ[6]
4 アンディ·ロディック 毎時155マイル(249のkm / h) 2004デビスカップ[7] [8]
5 ロスコー·タナー * 毎時153マイル(246のkm / h) 1978パームスプリングス決勝

世界最速サーバーはこの人!

2012年もあと少し。ってことで今年最速サーバーの動画をアップします。

イヴォ・カルロビッチ(クロアチア)
ATPランキング 100位
身長 208 cm

m_karlovic_2012.jpg

2011年3月、それまでのロディックの記録を塗り替える最速サーブを叩き出しました。
その速度は実に156mph (251.06km/h)という破壊的なもので、遂に250km/hが人類の手で計測されたことになります。

2メートルを超える身長がなせるフォームですね。。。
上から叩くようなこの手首の使い方は一般の方は厳禁!




Template Designed by DW99